チラシの効果測定方法とは


チラシというのは何かしらの宣伝、広告をするためのものなのですが、やはりチラシを作るからにはその効果がなくては意味がありません。
チラシには効果測定方法というのがあり、それぞれのチラシの効果を測定して、今後の動向を決めていきます。

例えば、どの様にチラシの効果を計るかと言えば、何かの特売商品のチラシを配り、そのチラシを持ってきた方のみ有効というサービスにした場合、チラシを持ってきたお客様、そして実際にそのチラシを持ってきた方が購入した金額などで、効果を計ります。

チラシを配る際に地域などがわかる様にしておくことで、地域別のチラシの効果を測定することもできます。お客様に簡単なデータを記入していただく、もしくは大体で判断するなどで年齢層も大まかに計ることもできます。

チラシはむやみやたらに配っているだけでは、そう効果の高い宣伝方法ではないですから、日々の調査といったデータの積み重ねで、より効果を高めていくことができます。

This entry was posted in チラシデザインのコツ. Bookmark the permalink.

Comments are closed.

他にもこんな関連記事があります